外でも楽しめるクリスマスイルミネーション

屋外でイルミネーションを飾る時の注意点

クリスマスにはツリーだけでなく、家の外壁や庭木などにイルミネーションを施す方も多くなってきました。こうした屋外にイルミネーションを飾る時には、室内以上に様々な注意が必要です。

イルミネーションの故障を避けるために、人や車が通る場所への設置は避けましょう。コードが地面をはっていると踏まれることもありますし、通行人の手の届く場所にあるとぶつかったり衝撃を与えられて故障をする事もあります。また故障するだけなら良いですが、人に怪我をさせたりしてしまうと責任問題にまで発展してしまいます。通行人が直接触れることのできない場所へと設置をする事がお勧めです。

また、イルミネーションの盗難対策もしっかりと行わなければなりません。外でキラキラと光るイルミネーションはとても綺麗で、中にはそれを持ち去ろうとする人も居るかもしれません。こうした盗難からイルミネーションを守るためにも、しっかりと固定をし、すぐに持ち去れないようにしておく必要があります。

そして、光が近所迷惑にならないように、時間になったら消灯をするようにしましょう。イルミネーションの光は夜中はまぶしすぎます。いくら綺麗だからとはいえ、他のお宅の迷惑になっても良くありません。周りの迷惑にならないように消灯をする事も必要です。

自治体で取り組むイルミネーション

クリスマスに特別なイベントを開催したいと模索する自治体では、イルミネーションの点灯が度々クローズアップされています。子供からお年寄りまで心温まる情景を堪能していくことになれば、自治体同士の距離が自然と縮まっていきます。12月の寒い時期のクリスマスイルミネーションは、光の鮮やかさ以外に神聖な気持ちにさせてくれる不思議な力があります。複数の色を照らし合わせた神秘的な内容を実践できれば、お気に入りの場所として多くの人へ認知されます。
一方、イルミネーションのイベントで大事になることが写真撮影です。最近は動画でイルミネーションの内容を公開する人も多く、電飾が彩る空間を生で伝えたいといった状況が通例となっています。美しいイルミネーションを演出するには、ダイオードのコードを規則正しく巻くことが必要となっていき、経験豊富な人に依頼することで華やかな環境が出来上がります。総合的な条件が重なることで、写真撮影をしても美しい映像が残るのです。
子供の視点でイルミネーションを考えていけば、低い位置を照らす電飾も取り入れるべきです。ツリーやリースに飾るときは高い位置をイメージしますが、あえて低さを強調することで斬新な飾り方を表現させる要素が再現できます。